日本獣医再生医療学会 第11回年次大会 講演DVD販売中

第11回日本獣医再生医療学会年次大会 開催 今年は大阪、2日間 2016年 2月6日(土) 7日(日) ホテルクライトン新大阪

■ 今回、1日目は初めて2つの会場を使って講演を行いましたが、 立見が出るほどの盛況振りで再生医療に対する皆さんの興味と 期待が伝わるような大会となりました。

■ 2日目の症例報告では獣医師の先生方の治療に対する 熱い思いが伝わるような発表ばかりで、活発な意見が 飛び交い盛況に終えることが出来ました。 皆様のご協力の元、大変盛会に終われたことを感謝いたします。

<次回学会開催予定>
第12回日本獣医再生医療学会年次大会
開催地 名古屋
大会長 石田卓夫(赤坂動物病院)
大会実行委員長 太田亟慈(犬山動物総合医療センター)

詳細は決まりましたら順次アナウンスさせていたければと思っております。

どうぞ次回の大会もご参加いただければ幸いです。





※以下は開催時のご挨拶です。

日本獣医再生医療学会は、現在では904名の会員を擁する学会にまで成長しました。 これもひとえに獣医療分野における細胞を用いた治療、 そして再生医療に対する期待が大きく高まっているからに他なりません。

今大会1日目は初の試みとしまして2会場での進行になります。 一方では従来通り教育講演を行い、もう一方では基礎から 学べる初心者向けの催しを行います。
魅力あふれる講師陣の、研究や経験に基づいた様々な講義や、 PRPの作製など実技を伴う講義を予定しております。
そして2日目は動物病院の先生方の症例発表を中心としたプログラムになっております。

ご多忙のところ、万障お繰り合わせの上、ぜひご参加くださるようお願い申し上げます。

日時・場所:
2016年 2月6日() - 7日()
ホテクルライトン新大阪 2F (大阪府大阪市淀川区西中島2-13-32)

時間:
6日() 教育講演 13:00~19:00
6日() 懇親会 19:15~21:15 (ホテルクライトン新大阪 1F レストラン)
7日() 本大会 9:00~18:00

参加費:
日本獣医再生医療学会 正会員 ¥5,000-
準会員・非会員 ¥10,000-
学生 ¥3,000- (会員・非会員問わず)

懇親会費:
院長・企業役員 ¥5,000-
勤務医・企業従業員 ¥3,000-
学生 ¥500-

プログラムダウンロード

12:00 - 受付開始

13:00-13:20
キーノート・スピーチ
岸上義弘 先生
日本獣医再生医療学会 会長

13:20-14:50
特別講演
脳梗塞と脊髄損傷の再生医療
-医師主導治験による実用化-
本望修 先生 札幌医科大学

座長: 岸上義弘
日本獣医再生医療学会 会長

14:50-15:10
休憩

15:10-16:00
講演: 再生医療と免疫(2)
増田健一 先生
動物アレルギー検査株式会社

16:00-16:50
講演: ナチュラル・キラーT細胞リガンド化合物による抗癌治療の展望
石井保之 先生
株式会社レグイミューン

16:50-17:00
休憩

17:00-17:50
講演: 動物病院での間葉系幹細胞療法に求められる課題と向き合う
横山篤司 先生
さくら動物病院 長野どうぶつ眼科センター

17:50-18:10
講演: 獣医療における再生医療及び細胞療法に関する指針 -進捗状況と概要の解説-
枝村一弥 先生
日本大学 生物資源科学部
獣医学科 獣医外科学研究室

18:10-18:30
講演: 動物用再生医療等製品の開発のための安全性試験法等ガイドラインについて
平山紀夫 先生
麻布大学客員教授

18:30-18:55
講演: 再生医療を安全に実施するために
-その倫理と科学-
石田卓夫 先生
日本獣医再生医療学会 顧問

13:00-13:20
講義: 再生医療へようこそ
久末正晴 先生
麻布大学獣医学部 内科学第二研究室 顧問

13:20-14:10
講義: 動物病院の再生医療マネージメント論
横山篤司 先生
さくら動物病院 長野どうぶつ眼科センター

14:10-15:00
講義: 再生医療用細胞の培養と品質管理
加藤竜司 先生
名古屋大学大学院 創薬科研究科

15:00-15:10   休憩

15:10-16:00
講義: 臨床家のための幹細胞療法の基礎
岸上義弘 先生
日本獣医再生医療学会 会長

16:00-16:50
講義: 獣医再生医療の未来
(ES, iPS細胞の基礎, 基礎研究, 臨床応用へ)
鳩谷晋吾 先生
大阪府立大学

16:50-17:00
休憩

17:00-17:50
講義: 免疫療法
(療法原理の基礎 基礎研究 臨床応用)
杉浦喜久弥 先生
大阪府立大学
生命環境科学研究科 獣医学専攻

17:50-18:00
休憩

18:00-18:55
講義: 細胞培養とPRP
1吉越千夏先生 1横関健昭先生 2伊藤有紀
1さくら動物病院 長野どうぶつ眼科センター
2株式会社J-ARM

18:55-19:00 締めの言葉  岸上義弘 先生  日本獣医再生医療学会 会長

19:15-21:15 懇親会 会場:ホテルクライトン新大阪  1階 レストラン

8:30 - 受付開始

9:00-9:05

 

9:05-9:18

9:18-9:31

9:31-9:44

9:44-10:10

 

10:10-10:23

10:23-10:36

10:36-10:49

10:49-11:02

11:02-11:15

11:15-11:30

11:30-11:45

11:45-11:50

 

11:50-12:35

12:35-12:55

 

12:55-13:40

 

13:40-13:53

13:53-14:06

14:06-14:19

14:19-14:32

14:32-14:55

 

14:55-15:08

15:08-15:21

15:21-15:34

15:34-15:47

15:47-16:00

 

16:00-16:45

16:45-17:00

キーノート・スピーチ
岸上義弘 先生
日本獣医再生医療学会 会長

症例報告  バイオマテリアル
座長:岸上義弘(岸上獣医科病院)

動物医療における血小板血漿(PRP)療法の応用
田中 巧一○1、竹林 秀治1、古瀬 拓2、古瀬 華枝2、田中 時枝2
1ホサナ動物病院、2田中獣医科病院

自己PRPが猫の皮膚再生に有効であった4症例とPRPゼラチンを猫の難治性皮膚潰瘍に適応した1症例
柴田恵美子、山本諭、丸山久美子、柴田博人
中郷どうぶつ病院

橈尺骨骨折癒合不全に対し多血小板血漿(PRP)を用いたNeedle Stick(NS)法で小侵襲骨再生に成功した2症例
楢木佑将、寒河江亮太、古上裕嗣、大下のえ、中津卓也、岸上義弘
岸上獣医科病院

シルクの役割と今後の展開 -角膜再生医療-
遠藤雅則○1,2 朝倉哲郎2
1くにたち動物病院・眼科 2東京農工大学工学研究科

症例報告  免疫療法
座長:牛草貴博(関内どうぶつクリニック)

低用量カルボプラチン療法と活性化リンパ球療法を併用した悪性腫瘍罹患犬の5症例
永松 航太○1,2、永松 亮一1
1永松動物病院(新潟県)、2日大獣医外科

血管周皮腫に対してDC-CAT療法を用い長期間のQOL維持が認められた犬の1例
可知星来、大脇将夫、太田亟慈
犬山動物総合医療センター

外科的切除が不完全だった猫の軟部組織肉腫に対して、活性化リンパ球療法を行った2例
楯啓吾、小林寛生、山根悠太郎、佐藤輝希、綱島文果、伊藤卓巳
ハート動物病院

CATを実施した口腔内悪性黒色腫の犬6例
村島生祐
ダクタリ動物病院京都医療センター

自己活性化リンパ球療法によって長期生存が認められた犬の膀胱内移行上皮癌の1例
小澤佑太
ユウ動物病院

協賛企業紹介

休憩・弁当配布

会計報告

ランチョンセミナー

フローサイトメトリーの基礎と応用~
ペットクリニックでの迅速診断をめざして

小林民代
シスメックス株式会社 R&I事業本部 細胞計測事業推進課

休憩

講演

脊髄再生医療の効果と限界
田村勝利 先生
倉敷芸術科学大学 生命科学部 動物臨床再生医療学研究室

症例報告  外科系疾患
座長:田村勝利 (倉敷芸術科学大学)

自己間葉系幹細胞と海綿骨のカクテル法により治癒した橈尺骨骨折重度癒合不全症例
古上裕嗣、寒河江亮介、大下のえ、楢木佑将、中津卓也、岸上義弘
岸上獣医科病院

術後に生じた四肢の不全麻痺に対して自家脂肪由来間葉系幹細胞を投与した犬1例
座波秀彰、森田倫子、辻和弘、松田和義
ai動物クリニック

開放性下顎骨骨折整復後の歯肉欠損部に脂肪由来間葉系幹細胞の局所投与を行った1症例
川合智行、一ノ瀬翔、上田一徳
横浜山手犬猫医療センター

脂肪由来間葉系幹細胞を局所投与した橈尺骨骨折の犬の3例
池谷早代、大脇将夫、太田亟慈
犬山動物総合医療センター

休憩

症例報告  内科系疾患 自己免疫疾患
座長:横山篤司(さくら動物病院 長野どうぶつ眼科センター)

ADSC(脂肪由来幹細胞)の投与により嚢胞の縮小がみられた多発性嚢胞腎の猫の1例
黒川大介、佐野博子、瀬戸林政宜、門下伸也、平野健
平野動物病院

自家および他家の脂肪由来間葉系幹細胞を投与した特発性炎症性腸疾患の犬の2例
草場翔央、長尾麻矢、重本仁
王子ペットクリニック

自家脂肪組織由来間葉系幹細胞治療を実施した免疫介在性血小板減少症の犬の1例
福田威
イオン動物病院

急速に悪化した角膜潰瘍に対し標準療法と併用して他家間葉系幹細胞療法を実施した犬の1例
宮地すばる、横関健昭、吉越千夏、横山篤司
さくら動物病院 長野どうぶつ眼科センター

休憩

講演

生きた細胞を使った再生医療等製品の開発
-ヒト細胞を用いた製品提供を通じて-

畠賢一郎 先生
株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 研究開発本部長 

アワード表彰・閉会式