第13回日本獣医再生医療学会

■ 開催日:2018年2月3日() 4日()

■ 場所 : 横浜ワールドポーターズ 6Fイベントホール
横浜市中区新港2丁目2番1号   みなとみらい駅・馬車道駅から徒歩約5分

■ テーマ: 獣医再生医療の進むべき道とは



大会長: 石田卓夫(赤坂動物病院)
実行委員長: 牛草貴博(関内どうぶつクリニック、動物再生医療センター病院)
実行副委員長: 横山篤司(さくら動物病院院長)
実行委員:
萩森健二(かもがわ動物クリニック院長)   有藤翔平(日本動物医療センター副院長)
枝村一弥(日本大学准教授)   鳩谷晋吾(大阪府立大学准教授)

■ 参加費:
□ 正会員 ¥8,000-    □ 準会員・非会員 ¥13,000-
□ 学生(社会人大学院生を除く) 無料 ※正会員・非会員問わず

■ 懇親会
ナビオス横浜 シーメンズクラブ(ワールドポーターズ) https://r.gnavi.co.jp/rpx8ykez0000/
金額:5,000円

大会事前登録へ

9:30 -
受付

9:50 - 10:00
大会長 開会挨拶
◆ 石田卓夫(赤坂動物病院)

10:00 - 11:30
癌免疫標準治療セミナー
「腫瘍の診断と標準治療とその限界」
◆ 杉山大樹(千葉市ファミリー動物病院)

11:30 - 11:45
休憩

11:45 - 12:45
ランチョンセミナー
新しい幹細胞療法
◆ セルトラスト・アニマルセラピューティックス株式会社

12:45 - 13:00
休憩

9:30-
受付

10:00 - 11:30
幹細胞内科標準治療セミナー
「脊髄再生の道のりと今後の展望」
◆ 西田英高(岐阜大学)

11:30 - 11:45
休憩

   

12:45 - 13:00
休憩

9:30-
受付

10:00 - 10:55
内科・免疫疾患の基本
「問診、身体検査を重視した免疫疾患診断へのアプローチ法」
◆ 鳩谷晋吾(大阪府立大学)

11:00 - 12:45
親子お昼プログラム
動物再生医療センター
(アニコム先端医療研究所)
親子見学ツアー
(アニジョブ)

12:45 - 13:00
休憩

13:00 - 14:30
特別講演
獣医再生医療に期待すること
- 細胞能力を高める医療の実現 -
◆ 田畑泰彦(京都大学ウイルス・再生医科学研究所)

14:35 - 14:55
Stem Cells with Platelet-Rich Fibrin releasate (PRFr) used to the Treatment for Diabetes in mice animal model.
◆ 郭宗甫(亜州大学)

15:00 - 16:30
幹細胞内科ベーシックセミナー
医学・獣医学における幹細胞を用いた内科治療エビデンス
◆ 鳩谷晋吾(大阪府立大学)

16:30 - 16:40
休憩

16:45 - 18:15
幹細胞外科ベーシックセミナー
獣医療域における運動器の再生医療の現状と将来展望
◆ 枝村一弥(日本大学)

18:15 - 18:30
連絡等

13:00 - 14:30
特別講演 予備会場

14:30 - 15:00
休憩

15:00 - 16:30
幹細胞外科標準治療セミナー
椎間板ヘルニアにおける検査、診断、治療のスタンダード
◆ 有藤翔平(日本動物医療センター)

16:30 - 16:40
休憩

16:45 - 18:15
がん免疫療法 ベーシックセミナー
がん免疫の基礎
◆ 水野拓也(山口大学)

13:00 - 13:55
腫瘍基本
◆ 杉山大樹(千葉市ファミリー動物病院)

13:55 - 14:15   休憩

14:15 - 15:15
臨床現場で知っておきたいX線撮影の基本ルール
◆ 福井規子(天王寺どうぶつ病院)

15:15 - 15:30   休憩

15:30 - 16:30
女性が起業するということ
◆ 谷口明依

16:30 - 16:40
休憩

16:40 - 17:30
眼科診療を覗いてみよう 
眼科疾患を発見・鑑別診断するための学び直しセミナー
◆ 村松勇一郎(日本動物高度医療センター)

9:30 - 9:00   受付

9:00 - 10:30
「免疫の世界へようこそ」
◆ 増田健一(動物アレルギー検査株式会社)

10:30 - 10:40   休憩

10:40 - 11:30
ガイドラインに関して
犬及び猫における再生医療及び細胞療法の安全性確保に関する指針 ~概要の解説~
◆ 枝村一弥(日本大学)

学会ガイドライン施行に伴う届出および報告制度について
◆ 施設届出:横山篤司(さくら動物病院)
◆ 他家報告:久末正晴(麻布大学)

11:30 - 12:00   休憩

12:00 - 13:00
ランチョンセミナー
獣医再生医療の幹細胞製剤の品質評価
- 意義・課題・受託検査について -
◆ ファルコバイオシステムズ株式会社

13:00 - 13:10   休憩

9:30 - 9:00   受付

9:00 - 10:30
幹細胞臨床セミナー
「幹細胞由来液性因子を用いた治療戦略」
◆ 西田英高(岐阜大学)

10:30 - 10:40   休憩

10:40 - 11:20
獣医再生医療基礎研究発表 Ⅰ
◆ 座長:稲葉俊夫(大阪府立大学)

①「脂肪由来幹細胞を用いたバイオドラッグデリバリーシステムによる難治性疾患治療法の開発」
◆ 伊井正明(大阪医科大学)

②「放射線照射傷害膀胱に対する骨髄由来細胞立体構造体を用いた機能的な膀胱の再生への試み」
◆ 今村哲也(信州大学)

11:20 - 12:00   休憩

12:00 - 13:00
ランチョンセミナー
細胞培養の留意点と品質確保について
◆ 株式会社 J-ARM

13:00 - 13:10   休憩

9:30 - 9:00   受付

9:00 - 10:30
犬アトピー性皮膚炎との付き合い方2017
最新知見を治療に取り入れる
◆ 神田 聡子(Vet Derm Tokyo)

10:30 - 10:40   休憩

10:40 - 11:40
女性獣医師の働き方改革
◆ 箱崎加奈子(一般社団法人女性獣医師ネットワーク)

11:40 - 11:45   休憩

12:00 - 13:00
親子お昼プログラム
動物再生医療センター(アニコム先端医療研究所)
親子見学ツアー(アニジョブ)

13:00 - 13:10   休憩

13:10 - 14:10
免疫に関する臨床検査
◆ 石田卓夫(赤坂動物病院)

14:10 - 14:20   休憩

14:20 - 15:30
幹細胞治療症例発表
◆ 座長:横山篤司(さくら動物病院)

①「滲出型伝染性腹膜炎の猫に既存治療と他家間葉系幹細胞治療を併用し、良好な経過を得た一例」
◆ 福田威(イオン動物病院)

②「重度乾性角結膜炎の犬に他家間葉系幹細胞治療を実施し、投与方法による経過比較をした一例」
◆ 福田威(イオン動物病院)

③「他家脂肪由来幹細胞移植を実施した腎数値が高値を示す若齢猫の1例」
◆ 高橋菜摘 (まさき動物病院)

④「ボーダーコリーの肘の骨関節炎(Osteoarthritis;OA)に対して自家脂肪由来間葉系幹細胞を関節内投与した1例」
◆ 上田一徳(横浜山手犬猫医療センター)

15:30 - 15:50   休憩

15:50 - 16:50
症例発表からわかること
~ヒトや実験動物のエビデンスから推測する~
◆ 鳩谷晋吾(大阪府立大学)

16:50 - 17:00
閉会の儀
◆ 岸上義弘 石田卓夫

13:10 - 13:50
獣医再生医療基礎研究発表 Ⅱ
◆ 座長:稲葉俊夫(大阪府立大学)

③「ネコ及びイヌの末梢血由来間葉系幹細胞の樹立」
◆ 佐藤恵一(名古屋大学)
④「臨床応用へ向けたイヌiPS細胞の効率的な作製」
◆ 塚本雅也(大阪府大学大学院)

13:50 - 14:00   休憩

14:00 - 15:00
DC療法の現状とこれから
◆ 萩森健二(かもがわ動物クリニック)

15:00 - 15:10   休憩

15:10 - 15:40
◆ 座長:牛草貴博(動物再生医療センター)

①「肛門嚢腺癌に樹状細胞活性化リンパ球療法および分子標的薬を併用した犬1例」
◆ 村島生祐(ダクタリ動物病院 京都医療センター)

②「活性化Tリンパ球療法と放射線療法の併用により術後無再発期間の延長を認めた脊柱管内浸潤悪性末梢神経鞘腫の犬の1例」
◆ 綾部太郎(エルムス動物医療センター)

③「口腔内悪性黒色腫に対して樹状細胞療法を実施した猫の1例」
◆ 楯 啓吾(ハート動物病院)

15:40 - 15:50   休憩

15:50 - 16:50
がん免疫療法のトピック
◆ 水野拓也(山口大学)

   

13:10 - 16:50
ライブキャスト

   

大会事前登録へ

▲ ページトップへ

前のページへ

 
ライン
ホーム このページのトップへ
ライン