日本獣医再生医療学会会則・人事2013.10.7.版

第1章 総則

第1条 本会は日本獣医再生医療学会  (Japanese society for Veterinary Regenerative Medicine 略称JVRM)と称する。

第2条 本会の事務局を以下に置く。

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1 第2ユニオンビル4F
株式会社ガリレオ 学会業務情報化センター内
E-mail: g025jvrm-mng@ml.gakkai.ne.jp
TEL: 03-5981-9824  FAX: 03-5981-9852

第2章 目的および事業

第3条 本学会は、獣医界における再生医療の充実と発展を目的とする。

第4条 本学会は前条の目的を達成するために、下記に掲げる事業を行う。

1.総会の開催
2.学術集会の開催
3.刊行物の発行
4.その他本会の目的達成のために必要な事業

第3章 会員

第5条 本会は下記の会員をもって組織する。

1. 正会員
2. 準会員
3. 学生会員
4. 名誉会員
5. 賛助会員

第6条 この会の会員は以下の通りとする。

1. 獣医師
2. 獣医学部学生
3. 獣医学関係の教職者
4. 当学会の趣旨に賛同する者及び関係法人

第7条 本学会の会員は本会の趣旨に賛同し、獣医再生医療の臨床、研究、教育に従事するもので、年会費を納める者とする。

二. 正会員および学生会員は学術集会において、筆頭演者として発表することができる。

第8条 名誉会員は、本会に特に功労のあった会員で、理事会の承認を得た者とする。

第9条 賛助会員は、本会の目的に賛同し事業を援助するため、賛助会費を納める個人あるいは団体とする。

第10条 講演会、公開シンポジウムへの参加は会員に限らず、別途申し込みにより参加できる。

第11条 会員を退会する場合は、その旨を本会事務局まで届け出ること。ただし、既納会費は返納しない。

二.会員で会費を3年以上滞納した者は自然退会とみなす。 三.休会手続きについては別途定める。

第12条 当学会員において、本学会が策定する獣医細胞治療ガイドラインから著しく逸脱した行為を行った者、または本学会の活動を著しく妨害した者、本学会の名誉を傷つける行為を行った者について、除名とする。

第4章 会費および会計

第13条 本会の運営に要する費用は、会員の会費および寄付金をもって充てる。

二.総会の参加費等は別途徴収することができる。
三.本会の会計年度は、4月1日に始まり、3月31日に終了する。
四.会計報告は年1回行う。

第5章 役員

第14条 本会に次の役員を置く。

顧問 1名
会長 1名
副会長 1名
理事 若干名

第15条 会長は本会を代表し、会務を統括する。

二.会長は理事の互選により選出される。
三.会長の任期は1期2年とし、再任を妨げない。但し、連続しては2期までとする。

第16条 理事会は本会の収入予算および決算、役員人事などの会務について総会に報告しなければならない。

第17条 会長は理事会の承認により決定される。会長は学術集会を主宰し、総会の議長を務める。会長の任期は、その主宰する学術集会の終了までとし、その任期中は理事会に出席する。

第18条  会長を除く任期は、1期1年とし再任を妨げない。

ニ.増員のため選任された役員の任期は、他の在任役員の残任期間とする。

第6章 会議

第19条 総会は、正会員、名誉会員及び賛助会員により構成される。定期総会は原則として年1回とする。

第20条 評議員会は評議員の過半数(委任状を含む)をもって成立し、出席者の過半数の賛否をもって決する。

第7章 委員会

第21条 本会の目的および事業を達成するため、必要に応じて専門委員会を設置することが出来る。

第22条 本会の会則を変更するには、理事会の議決を経て総会に報告しなければならない。

付則

1. 本会の会則を変更するには、理事会の議決を経て総会に報告しなければならない。
2. 本会則は、設立総会の日(平25成年12月1日)から施行する。
3. 理事・監事選出にあたっては選出時に満70歳を超えないものとする。
4. 正会員の年会費は5,000円とする。学生会員の年会費は3,000円とする。賛助会員は1口50,000円とする(上記年会費は平成25年度より適用)
5. 創設時の理事の選任は会則に拠らない。
6. 会員が休会を希望する場合は、その旨を本会事務局に届け出れば、3年間休会することができる。
休会中は会費の支払いを免除されるが、会員としての権利は停止される。
休会から復帰する場合には、その旨を本会事務局に届け出ること。
復帰に際しては、評議員による推薦ならびに入会申込書の再提出は必要としない。
7. 第12条 の除名については、会長が理事会の議決を経て行う。