癌と免疫療法

そもそもガンとは?| 免疫細胞療法とは| ガン免疫療法4つの特長| ガンの治療法|

そもそもガンとはどういう病気なのか

人体はおよそ60兆個の細胞が集まってできています。 ガンは、この膨大な数の正常細胞のうちのたった一つの細胞が、 ガン細胞に変化するところから始まります。 正常細胞がガン細胞に変わると、次のような特徴を持ちます。

○ 無限に増殖する

ガン細胞は宿主(患者さん)から栄養を とれるだけとって、ひたすらふえ続けようとします。

○ 浸潤する

ガン細胞はたんぱく質を破壊する酵素を出し、 周囲の組織や臓器の壁を食い破って体の奥深くへ 侵入し広がっていきます。

○ 転移する

ガン細胞は群をなすまでに成長すると、 血液やリンパ液に乗って体の別の場所へ移動し、 移動した先々の組織や臓器を破壊していきます。

こうした性質はガンが成長するに従って現れてきます。 ガンはその成長過程に即して、「早期ガン」「進行ガン」 「末期ガン」に分けることができます。 早期ガンのなかでもごく初期のものは「初期ガン」、 また、現在はガンではないけれどもほうっておけば将来 ガンになる可能性があるものを「前ガン病変」と呼びます。

早期ガンとは、ガン細胞はあるけれどもまだ浸潤や転移は 起こっていない状態です。したがって、手術でガンを 確実に取り去ることができ、完治も期待できます。
治療が難しくなるのは、浸潤、転移が起こる進行期以降です。 動物ではモノを言えないので、発見された時はすでにこの進行ガン であることが多いようです。
この時期では、ガンが体のあちこちに転移していることが多く、 手術によって完全にガン病巣を取り除くことが非常に困難となります。 また、ガン細胞が広がるにつれて、臓器や組織の正常な働きが侵され、 患者さんの全身状態も悪くなるという問題も生じます。

このようにガンは進行するにしたがって性質が 変わっていくので、治療の取り組み方も初期、 早期と進行期以降ではおのずと異なってきます。