癌と免疫療法

そもそもガンとは?| 免疫細胞療法とは| ガン免疫療法4つの特長| ガンの治療法|

免疫細胞療法とは

癌と免疫について

 生物には生まれつき免疫とよばれる働きが備わっており、 体の中に侵入した細菌やウイルスを、体の中から取り除く働きがあります。
 予防注射もこの原理を応用したもので、例えば「はしか」の予防注射を 行って免疫をつけると「はしか」のウイルスは体の中に 入ってこられなくなります(排除されます)。
 体の免疫は、癌ができたり、転移したりすることとも、 密接な関係があります。体の免疫力が低下した状態、 例えば後天性の免疫不全症候群(エイズ)や薬によって生じる 免疫の抑制された体の状態では、癌ができやすくなることが知られています。

 癌は通常、手術や抗癌剤、放射線で取り除こうとするのが一般的ですが、 近年はこれとは別に、生物の体に生まれつき備わっている免疫の力を利用したり、 免疫の力を強めたりすることで癌の発症や進展を抑えようとする ことが試みられています。これが免疫療法と呼ばれているものです。 免疫療法には特異的免疫療法と非特異的免疫療法というものがあります。

○ 特異的免疫療法

樹状細胞療法、ガン抗原認識型活性化リンパ球療法
患者さんの癌を狙い撃ちすることができる、攻撃力の高い免疫反応が期待できます。 微小な癌に対して治療効果が期待できます。

○ 非特異的免疫療法

活性化リンパ球療法、BRM療法など
攻撃力は高くはないが、免疫力を全体的に高めることが出来ます。 微小な癌に対して治療効果が期待できます。