治療法について
ガン:免疫細胞治療

活性化リンパ球療法 (LAK療法)

 がん細胞を攻撃するTリンパ球を体外でインターロイキン2、CD3抗体により活性化し、 約1000倍に培養した後、体内に戻す非特異的細胞免疫療法。
 免疫が強化され、QOLが上がり元気になったり、再発予防や転移予防の効果も期待できます。 ガンを攻撃するリンパ球の割合を増加させて治療効果を高めます

樹状細胞療法 (DC療法)

 抗原提示細胞の中で、特に抗原を提示する能力が高い細胞である樹状細胞を体外でIL-4とGM-CSFを 使い増殖・活性化させて治療を行う療法。
 樹状細胞はガンを認識するための教育者として、攻撃しなければいけない異物(ガン)を Tリンパ球に教える役割をしています。

DC+LAK療法

 樹状細胞(ガンを認識するための教育者)とTリンパ球(ガン細胞を攻撃する)を それぞれ体外で増殖・活性化させて体内に戻し治療を行う療法。
 両者の利点をあわせ持ち教育者と兵隊を両者投与できる。特異的細胞免疫療法に 分類され腫瘍へのリンパ球の集積率が上がる事が考えられます。

γδT細胞療法

 γδT細胞を体外でゾレドロン酸により増殖・活性化し、培養した後、体内に戻す療法。
 T細胞の中でγδ型T細胞がウイルスや細菌から私たちの体を防ぎ、感染して変性した 細胞の除去に重要な役割を果たしている事に着目し、ガン細胞 (変成し腫瘍化した自己の細胞)の除去にも関与しています。